電子ベイプを飛行機内に持ち込んで、旅先でも楽しみたい!注意点

電子ベイプを旅先や出張先でも楽しみたいと思ったとき、ひっかかるのが「飛行機内に持ち込めるか?」です。

スムースビップSmoothVip電子ベイプを飛行機内に持ち込み沖縄への旅行のイメージ画像

加熱式タバコやライターの機内の持ち込みを経験された方も、「電子ベイプはどうなの?」「どういう方法で持ち込めるの?」と思いますよね?

 

今のところ、電子ベイプの飛行機内の持ち込みは大丈夫そうです。ただし、日々航空会社の規制も変わってきているので、一番確実なのは直接問い合わせる事です。

 

これからお伝えする事は一応参考程度に頭に入れておいて、飛行機の予約を取るとき事前に確認してみてください。

電子ベイプを飛行機内に持ち込むときに、問題になるパーツ

電子ベイプを飛行機内に持ち込むときに、考えられる問題が”リチウム電池”リキッドと工具類です。
(※ちなみに、スムースビップは工具が必要ないため問題になりません。)

 

なかでも一番問題なのが、工具類にあたります。ピンセットやドライバーが凶器類と勘違いされる恐れがあります。電子ベイプと一緒に工具類を飛行機内に持ち込むときは、航空会社に問い合わせるべきでしょう。

 

その次に問題になるのがバッテリーです。バッテリー内に入っているリチウム電池というのがあります。リチウム電池の持ち込みは”使い捨て”が対象となっていて”VAPEで使う充電式バッテリーは該当しません。ゆえにバッテリーは今のところ、ライター同様に手荷物として機内に持ち込むことが可能です。

 

リキッドは、気圧の変化でリキッドが漏れることがあるそうです。透明なジップロックにいれておきましょう。

スムースビップを飛行機内で持ち込む手順&注意点

スムースビップなら、工具類が必要ない分、簡単に検査を通過しやすそうです。

 

しかしながら、スムースビップに限らず電子VAPEは取り扱いを間違えれば、簡単に事故につながるという過去もあります。

 

そこで、スムースビップ(電子ベイプ)を安全かつ確実に飛行機内に持ち込む方法を説明していきます。

 

1.飛行機に乗る前に、アトマイザーをある程度空にしておく。気圧の変化でリキッドは、漏れやすくなることが多いらしいので、アトマイザーの中も空に近い方がベストだと思います。

 

2、機内に持ち込む際にバッテリーとアトマイザー(コイル含む)を切り離しておくこと

 

3.リキッドは漏れるのを前提に、ジップロックなど包んでおくこと

 

4.電子ベイプを手荷物として、飛行機内に持ち込む

 

過去に、機内で出火したのは電子タバコ(電子ベイプと違う)でしたが、念には念を入れて安心して旅行を楽しみたいですね!